下肢動脈血栓症と診断された患者を約20年間追跡したところ、動脈血栓のない集団よりも、癌全体の罹患リスクや、肺癌、膵臓癌、膀胱癌の罹患リスクが上昇していた。また下肢動脈血栓は、結腸癌、肺癌、膀胱癌、乳癌患者の総死亡率を増加させる因子だった。デンマークの患者レジストリを用いた本研究の結果は、Circulation誌8月14日号に掲載された。

下肢動脈血栓症は不顕性癌のマーカーにの画像

ログインして全文を読む