低リスク生活習慣因子(5種類)を多く順守するほど、米国民の平均余命が延長する可能性があることが報告された。米国と他の先進国との間に存在する平均余命の差が縮小する可能性があるため、低リスク生活習慣因子の順守を医療政策の最優先事項に据えるべきだ、とハーバード公衆衛生大学院の研究者らは述べている。論文はCirculation誌7月24日号に掲載された。

健康的な生活習慣因子を順守する人ほど総死亡リスクが低減の画像

ログインして全文を読む