左室駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者に対する外来診療の実態について、米国で大規模な調査が行われた。その結果、ACE阻害薬(ACEI)/アンギオテンシンII受容体阻害薬(ARB)/アンギオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)、βブロッカー、鉱質コルチコイド受容体拮抗薬(MRA)の全てに適応を有する対象のうち、3系統の薬剤を同時に目標用量投与されていたのは1%に過ぎなかった。

HFrEF外来診療にガイドラインとの乖離ありの画像

ログインして全文を読む