心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB、オフポンプ冠動脈バイパス術)と人工心肺(CPB)による手術の長期転帰を比較する単一施設のレトロスペクティブなコホート研究が英国で行われた。傾向スコア・マッチングによる解析を行ったところ、OPCABとCPBの間で長期の生存率および再介入率に統計学的な有意差が認められないことが示された。この結果はCirculation誌10月25日号に掲載された。

心拍動下冠動脈バイパス術と人工心肺による手術の長期生存に有意差なしの画像

ログインして全文を読む