日経メディカルのロゴ画像

Ann Intern Med誌から
造血幹細胞移植ではHIVは完全に排除できず
抗ウイルス薬中止12~32週後に再発を確認、患者2人の観察研究の結果

 同種造血幹細胞移植後、抗ウイルス薬投与を中止してもウイルスが検出されない状態が続いていた2人のHIV-1感染患者において、治療中止からそれぞれ12週後と32週後に再びHIV-1が検出された。米国Harvard大学のTimothy J. Henrich氏らが、Annals of Internal Medicine誌電子版に2014年7月22日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ