日経メディカルのロゴ画像

Arch Intern Med誌から
入院時の歩行速度が遅い高齢者は入院期間が長くなる
毎秒0.4m未満だと毎秒0.6m以上の人より1日半延長

 急性疾患で入院した高齢者の入院時の歩行速度測定が、患者の入院期間と、退院して自宅に戻る患者の割合(自宅退院率)の予測に役立つことが、米Texas大学のGlenn V. Ostir氏らが行った前向き研究で示された。論文は、Arch Intern Med誌2012年2月27日号に掲載された。

 現在、急性疾患で入院した高齢者の運動能力の評価に主に用いられているのは、日常生活活動(ADL)障害レベルを看護師が評価する方法、または患者の自己申告により判定する方法だ。

 これまでに、高齢者の歩行速度が1.0m/秒超であることは、ADLの自立を反映し、地域社会での生活が可能であることを示す重要な指標であること、反対に、0.6m/秒未満になると介助の必要性が高まることが示されている。2011年には、65歳以上の高齢者を登録した大規模な9件のコホート研究のプール解析によって、その集団全体の余命の中央値まで生きた人々の歩行速度はほぼ0.8m/秒で、それより早かった人々はより長く生き、遅かった人の余命は中央値より短かったと報告されている。

 こうした知見から、著者らは、入院時の高齢患者の歩行速度測定が、ケアの必要性や転帰、退院後の生活状態などの予測に役立つ、より客観的で簡便な評価法の一つになるのではないかと考えた。

 08年3月から09年10月までに、Texas大学医学部付属病院の高齢者急性ケアユニット(ACE)に入院した高齢者の歩行速度を測定し、入院期間、自宅退院率との関係を分析した。

 地域在住の65歳以上の高齢入院患者を前向きに登録。入院時に見当識障害がある患者、経過観察のための入院患者、終末期の患者、日帰り手術を受ける患者は除外し、入院時の診断が心肺疾患、呼吸器疾患、消化器疾患ではなかった患者も除外した。

 条件を満たした322人の歩行速度(m/秒)を、入院から24時間以内に測定した。歩行時は、本人が保有する歩行補助器具の使用を認めた(57人が使用)。立った状態でスタートし、普段通りの速度で8フィート(約2.4m)歩くよう依頼し、終了までに要した時間を測定。Guralnik氏らの方法を用いて調整した4m歩行速度を算出し、これに基づいて、「歩行検査を完了できず」「歩行速度0.40m/秒未満」「歩行速度0.40~0.59m/秒」「歩行速度0.60m/秒以上」に分類した。

 著者らはさらに面接調査を行い、年齢や性別、人種、学歴、婚姻状態などの情報を得ると共に、Charlson併存疾患指数やBMIも記録した。ADLの評価は、入浴、更衣、歩行、移動、食事、排泄、整容の7項目について行い、介助が必要な項目をカウントし、合計を算出した。ADLスコアは0から7までの範囲で、高スコアほど障害度が高いことを意味する。

 入院時の平均年齢は76.1歳(SDは6.9)、63.7%が女性だった。Charlson併存疾患指数の平均は2.7で、BMIの平均は28.1と過体重を示した。ADLスコア0(障害は一つもない)の患者は全体の54.3%だった。

 歩行を完了できなかった患者は116人(36%)いた。残る206人(64%)は測定を完了した。歩行速度が0.40m/秒未満が69人、0.40~0.59m/秒が65人、0.60m/秒以上が72人で、平均すると0.53m/秒だった。歩行速度と有意な関係を示したのは年齢(P<0.001)だった。

 

この記事を読んでいる人におすすめ