日経メディカルのロゴ画像

Ann Intern Med誌から
急性虚血性脳卒中への血管内治療の有効性と安全性は?
87件の研究を対象とした最新レビュー結果

 急性虚血性脳卒中に対する血管内治療は、血栓溶解薬アルテプラーゼ(t-PA)を適用可能な時間帯を過ぎてしまった患者の治療も可能にすると期待されている。米Connecticut大学のWilliam L. Baker氏らは、再灌流を目的として行われた血管内治療の報告を対象に最新のレビューを行い、現状を明らかにすると共に、この治療が急性虚血性脳卒中治療の選択肢として有望であることを示した。論文は、Ann Intern Med誌2011年1月17日号に掲載された。

 脳血管に器具を入れて血栓を直接除去または溶解する血管内治療は、迅速に血流の再開通をもたらすことができる半面、血管を傷つけたり、血栓が断片化して別の血管を閉塞させるといった有害事象も想定される。だが、この種の治療の有効性と安全性を示したエビデンスは現在のところ不足している。

 著者らは、急性虚血性脳卒中に対する血管内治療の適用を支持するエビデンスがどの程度あるのかを調べるために、文献データベース(SCOPUS、コクランレビュー、Web of Science)に10年5月までに登録された研究と、MEDLINE、コクランセントラルに10年11月までに登録された研究の中から、急性虚血性脳卒中患者を対象に血管内治療の有効性と安全性について調べたあらゆる設計の研究を選出し、データを抽出した。

 87件が条件を満たした。18件が前向きの単施設試験、7件は後ろ向き非対照試験で、ケースシリーズ研究または症例報告が62件だった。評価者盲検化が行われていたことが確認できたのは、前向き試験中3件、後ろ向き試験中1件のみだった。

 用いられていた血管内治療デバイスを大きく5種類に分類した。血栓を回収するタイプ(適用されていた患者数は847人)、吸引するタイプ(411人)、スネア様デバイス(94人)、超音波血栓溶解術(50人)、レーザーを利用した血栓溶解術(36人)。

 報告が多かったのは、いずれも米食品医薬品局(FDA)から急性虚血性脳卒中への適用を許可されている2製品、MERCI Retriever(Concentric Medical社製、全体の40%)とPenumbra System(Penumbra社製、9%)だった。

 対象患者の多くは、t-PA適用の時間枠を過ぎていた、t-PA禁忌、t-PAを投与したが再灌流できなかった患者で、発症から8時間以内の人々だった。

 ベースラインの年齢の平均または中央値は42歳~68歳、神経学的重症度を示すNIHSS(NIH Stroke Scale score)は15~23、症状発現から血管造影または血管内治療までの時間の平均または中央値は141分~388分だった。

この記事を読んでいる人におすすめ