日経メディカルのロゴ画像

Arch Intern Med誌から
良性疾患での子宮摘出は腎細胞癌リスクを高める

 良性疾患で子宮摘出術を受けた女性を術後長期にわたって追跡した集団ベースのコホート研究で、子宮摘出術を受けた女性では、子宮摘出を受けていない女性に比べて腎細胞癌リスクが50%上昇した状態が、20年以上持続することが明らかになった。論文は、スウェーデンKarolinska研究所のDaniel Altman氏らが、Arch Intern Med誌2010年12月13/27日号に報告した。

 婦人科で行われる手術の中で最も多いのが子宮摘出術だ。米国では毎年60万件を超える子宮摘出術が行われているが、この数字は女性の3人に1人が生涯のうちに子宮を失うことを意味する。

 これまでにも、良性疾患での子宮摘出術が腎細胞癌リスク上昇に関係するという報告はあったが、質の高い研究に由来する情報はなかった。

 著者らは、子宮摘出術が腎細胞癌リスクに及ぼす長期的な影響を知るために、スウェーデン国民の医療記録データベースから情報を抽出した。同国ではすべての国民に関する医療情報の登録が義務付けられている。入院登録と癌登録のデータと照合し、1973年1月1日から2003年12月31日までに子宮摘出術を受けたすべての女性を同定した。

 18歳以上で良性疾患により子宮摘出術を受けた18万4945人と、マッチするコントロール65万7288人を、03年12月31日まで、または、死亡、移住、腎細胞癌の診断、尿管癌(腎盂と尿管の癌)の診断、膀胱癌の診断、その他の原発癌の診断まで追跡した。

 子宮摘出群では206万1556人-年の追跡で357人(0.20%)が、コントロールでは763万1824人-年の追跡で995人(0.15%)が、それぞれ腎細胞癌と診断されていた。腎細胞癌の粗の罹患率は、子宮摘出術を受けた女性では10万人-年当たり17.4、コントロール女性では13.1。生年、摘出術時の居住地域で調整したハザード比は1.50(95%信頼区間1.33-1.69)となった。 

 腎細胞癌リスクは子宮摘出術を受けた年齢と逆相関していた。摘出が44歳以下だった患者群のハザード比は2.03(1.55-2.67)、45~49歳では1.47(1.17-1.85)、50~57歳は1.29(1.01-1.64)、58歳以上は1.43(1.12-1.83)。

 腎臓癌リスクが最も高かったのは、44歳以下で子宮摘出術を受けた女性の術後10年間だった(ハザード比2.36、1.49-3.75)。

 摘出群全体では、術後の腎細胞癌リスクは経過した年数にかかわらずほぼ一定だった。0~10年のハザード比は1.50(1.26-1.78)、11~20年が1.49(1.22-1.82)、20年以上経過したグループのハザード比は1.51(1.05-2.16)。

この記事を読んでいる人におすすめ