日経メディカルのロゴ画像

Arch Intern Med誌から
心不全予防には利尿薬、次いでACE阻害薬、ARB

 高血圧患者の心不全予防にはどの降圧薬が有効か。この疑問の答えを得るため、イタリアRome大学のSebastiano Sciarretta氏らは、過去に行われた無作為化試験を対象にネットワークメタ分析を行った。その結果、心不全予防のための第1選択薬は利尿薬で、これに次ぐのがACE阻害薬とアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)であることが分かった。論文は、Arch Intern Med誌電子版に2010年11月8日に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ