日経メディカルのロゴ画像

Ann Intern Med誌から
初回VTE後のDダイマー検査は再発リスクの予測に有用
抗凝固薬の使用中止時期や年齢の影響を受けない

 非誘発性の静脈血栓塞栓症(VTE)を初めて経験した患者において、抗凝固療法を中止した後のDダイマー検査陽性は一貫して再発高リスクを意味することが、メタ分析で明らかになった。カナダMcMaster大学のJames Douketis氏らが、Ann Intern Med誌に2010年10月19日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ