日経メディカルのロゴ画像

製薬企業の資金提供による研究にはバイアスが存在
副作用が見られても楽観的な臨床解釈を増やす

 薬剤の安全性に関するエビデンスは、臨床試験への資金提供者が誰かによって変わる可能性がある。吸入ステロイド薬の有害事象に関して、製薬企業からの資金を得て行われた研究(PF)と、製薬企業の資金なしに行われた研究(NoPF)の間で、データとその解釈を比較した結果、予想通りバイアスの存在が明確に示された。スペインLa Fe小児病院のAntonio Nieto氏らの報告で、詳細はArch Intern Med誌2007年10月22日号に報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ