日経メディカルのロゴ画像

Diabetes Care誌から
糖尿病のCOVID-19重篤患者のICUでの血糖管理
遠隔持続血糖測定と持続インスリン注入の可能性

2021/03/17
山田 裕紀子=メディカルライター

 糖尿病のCOVID-19重篤患者のICUでの治療で、血糖管理の維持と医療スタッフの感染リスクを減らすためのアプローチが米国の病院で検討された。遠隔リアルタイム持続血糖測定(CGM)とコンピューター制御による持続インスリン注入(CII)による血糖管理はICUで実行可能であり、必要なポイントオブケア(POC)検査の実施頻度を減らせる可能性が示唆された。この結果はDiabetes Care誌2月9日オンライン版に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ