日経メディカルのロゴ画像

Diabetologia誌から
メンデルランダム化解析による2型糖尿病のリスク因子
不眠が新たなリスク因子と同定

2020/10/14
山田 裕紀子=メディカルライター

 メンデルランダム化(MR)解析により、2型糖尿病と様々なリスク因子との因果関係が検討された。解析の結果、34の曝露(19のリスク因子と15の保護因子)と2型糖尿病の因果関係を示すエビデンスが認められた。一部の因子はBMIを補正しても有意なままで、新たなリスク因子としては不眠が同定された。この結果は、Diabetologia誌9月8日オンライン版に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ