日経メディカルのロゴ画像

J Am Coll Cardiol誌から
心筋ミオシン活性化薬、駆出率が低い患者ほど高い効果
第3相試験GALACTIC-HF試験のサブ解析の結果

2021/06/10
山田 裕紀子=メディカルライター

 心筋ミオシン活性化薬オメカムチブメカルビルの第3相試験であるGALACTIC-HF試験のサブ解析で、ベースラインの左室駆出率(EF)によって同剤の治療効果に違いがあるか検討された。解析の結果、ベースラインのEFが低いほど、オメカムチブメカルビルの投与により心不全イベントのリスクが低下することが示された。この結果はJ Am Coll Cardiol誌4月28日オンライン版に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ