日経メディカルのロゴ画像

Journal of the American Heart Association誌から
無症候者へのAFスクリーニングは有益か
「有病率高い集団なら一定の効果」と著者

2021/05/17
佐古 絵理=メディカルライター

 50歳以上で心房細動(AF)の自覚症状がないアメリカンインディアンの集団を対象に、単電極心電図による30秒間のAFスクリーニング検査を実施したところ、1.5%にAFが検出された。スクリーニング検査を行わなかった対照群のAF検出率は0.3%に過ぎず、プライマリケアレベルの簡単な検査でもAFの早期診断と適時の経口抗凝固療法の導入が可能であることを示すコホート研究の結果が、4月21日、Journal of the American Heart Association誌ウェブサイトに掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ