日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
降圧薬の有害事象を調べたメタアナリシス
治療により転倒は増えないが急性腎障害や失神のリスクは増加する

 英国Oxford大学のAli Albasri氏らは、成人に降圧薬を投与するランダム化比較試験(RCT)を対象に系統的レビューとメタアナリシスを行い、降圧薬の使用は転倒リスクを増やさないが、軽度の有害事象(高カリウム血症や低血圧)とやや重度の有害事象(急性腎障害、失神)のリスクは増加していたと報告した。結果は2021年2月10日のBMJ誌電子版に掲載された。

 近年、高血圧に対する診療ガイドラインは、降圧の目標値をより低く設定することを推奨している。しかしガイドラインは、フレイルで複数疾患を抱えている患者については、降圧療法の利益と有害事象を考慮した臨床判断を勧めている。英国では、多疾患併存者の管理に関するガイドラインで、疾患のリスクと治療のリスクを勘案し、個々に治療を選択することを医師に求めている。

 降圧療法の利益については、多くの研究によって明瞭に示されているが、害については、意思決定に利用できるデータは少ない。メタアナリシスの多くが、有害事象をひとまとめにして分析しており、個々のイベントについて詳しく分析したものはほとんどなかった。そこで著者らは、降圧療法に関する大規模な観察研究や臨床試験で報告されていた個々の有害事象について調べる系統的レビューとメタアナリシスを行うことにした。

 対象はEmbase、Medline、CENTRAL、Science Citation Indexデータベースに、2020年4月14日までに登録されていた研究で、降圧薬による治療と有害事象について報告していた全てのRCT。当初は大規模な観察研究も分析に加える予定だったが、適切なデータが見つからなかったため、この研究では組み入れないことにした。

 条件は、18歳以上の成人に降圧薬を投与した臨床試験で、降圧薬の単剤投与とプラセボや無治療を比較していたもの、降圧薬の併用数が多い場合と少ない場合を比較したもの、目標とする血圧値が低い群と高い群を比較したもので、1種類以上の有害事象について報告していたRCTとした。小規模で短期間の試験を除外するため、追跡期間が650人・年を超えており、有害事象の発生件数が50件以上だった試験に限定した。

 主要評価項目は、追跡期間中の転倒に設定した。副次評価項目は、追跡期間中の急性腎障害、骨折、痛風、電解質異常、低血圧、失神とした。加えて、総死亡と心血管死亡、主要な心血管イベント(心筋梗塞、脳卒中)についても分析した。

この記事を読んでいる人におすすめ