日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
癌治療の開始が4週間遅れると死亡率が増加
COVID-19による待機的手術の延期が癌の治療成績を悪化させる可能性

 カナダQueen's UniversityのTimothy P Hanna氏らは、癌と診断されてから治療開始の遅れが死亡率に与える影響を評価するために系統的レビューとメタアナリシスを行い、最初の主な治療(根治手術、化学療法、放射線治療など)開始が4週間遅れると、主な癌の死亡率が有意に増加すると報告した。結果は2020年11月4日にBMJ誌電子版に掲載された。

 癌の治療開始が遅れると、生存率や再発率などのアウトカムに悪影響を与えることが考えられるが、癌の種類は多く適用される治療も様々であることから、影響の大きさを推定するのは難しかった。しかし、COVID-19のパンデミックにより、世界各国の医療機関が逼迫し、待機的手術を延期せざるをえない状況が起こった。そこで著者らは、7種類の癌を対象に、治療開始の遅れがアウトカムに与える影響の大きさを評価することにした。

 対象にしたのは、膀胱癌、乳癌、結腸癌、直腸癌、肺癌、子宮頸癌、頭頸部腫瘍の7種類。治療の遅れは、1)診断から治癒をめざして適用される最初の治療(根治手術や放射線治療)までの時間、2)手術から術後補助療法を始めるまでの時間、3)診断から術前補助療法を始めるまでの時間、4)術前補助療法終了から手術が実施されるまでの時間、が遅くなってしまうことと規定した。

 2000年1月1日から2020年4月10日までにMedlineに登録されていた研究から、治療開始の遅れが7種類の癌の死亡率に与える影響を定量的に評価している研究を抽出した。その中から、フルテキストで情報が記載されており、年齢・ステージ・治療の詳細・併存疾患・機能的状態など予後に関連する因子が記載されていて、評価する群と対照群の間にこれらの因子に偏りがないことを報告していた研究を、信頼性が高いと判定してメタアナリシスに組み入れることにした。

 主要評価項目は、治療開始が4週間遅れる毎の全生存率に与える影響とした。結果は、遅延がなかった患者群と比較した、遅延を経験した患者群のあらゆる原因による死亡リスクをハザード比で推定した。

この記事を読んでいる人におすすめ