日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
HPVワクチンと自律神経障害関連疾患は無関係
デンマークの女性約137万人を追跡した自己対照ケースシリーズ研究

 安全性に関する懸念が、4価のHPVワクチンの普及を妨げているのは日本だけではない。デンマーク、アイルランドでも普及が遅れているという。デンマークStatens Serum InstitutのAnders Hviid氏らは、接種後の発症が懸念されている、慢性疲労症候群や複合性局所疼痛症候群、体位性頻脈症候群といった、自律神経障害を特徴とする疾患と、4価のHPVワクチンの接種の関係を評価するために、住民ベースの自己対照ケースシリーズ研究を実施して、それらの間に有意な関係が見られなかったと報告した。結果はBMJ誌電子版に2020年9月2日に掲載された。

 4価のHPVワクチンは、10年以上にわたって世界各国で接種されており、大きな成功を収めている。一方で、デンマーク、日本、アイルランドでは、HPVワクチン接種後に発生した自律神経障害関連疾患の報告事例がメディアで広く取り上げられたために、不安が先行し接種率は高まっていない。

 2015年に欧州医薬品庁は、HPVワクチンと複合性局所疼痛症候群、体位性頻脈症候群の関係を示すエビデンスはない、と結論づけた。2019年には米国自律神経学会も、同様の結論を公開している。また、英国、ノルウェー、フィンランド、オランダなどで行われた、HPVワクチンと慢性疲労症候群の関係を検討した観察研究でも、有意な関係は見られていない。ただし、ノルウェー以外は2価のワクチンを対象にしていたため、著者らはデンマーク国民のデータを用いて、4価のワクチンと自律神経障害が関連する疾患のリスクを検討することにした。

 デンマーク国民の中で、2007~16年の期間に年齢が10~44歳だったデンマーク生まれの女性を評価の対象にした。この人たちのHPVワクチン(4価のガーダシル)接種歴に関する情報と、自律神経障害に関連する疾患(慢性疲労症候群、複合性局所疼痛症候群、体位性頻脈症候群)の診断に関する情報を収集した。

 デンマークでは、12歳の少女を対象とする4価のHPVワクチンの一律接種が2009年1月から始まり、既に年齢が13~15歳になっていた少女の拾い上げは2008年10月から始まった。さらに2012年8月には、20~27歳で希望する女性への接種も開始された。当初のスケジュールでは、ワクチンは3回接種で初回から2カ月後と6カ月後に追加接種を行っていた。2価のワクチンから4価のワクチンに変更されたのは、2016年2月だった。

 主要評価項目は、ICD-10コードによる慢性疲労症候群、複合性局所疼痛症候群、体位性頻脈症候群を併せた複合イベントに設定した。慢性疲労症候群、複合性局所疼痛症候群、体位性頻脈症候群のそれぞれについても、4価のHPVワクチン接種後365日までのリスク期間と、それ以外の期間での発生率比を推定した。イベントの追跡は、終了予定日(2017年1月1日)、45歳の誕生日、他国への移住、死亡のいずれか早いものまで行った。

この記事を読んでいる人におすすめ