日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
蛋白質の総摂取量と死亡リスクに関連あり
植物性蛋白質摂取量を増やすと利益が期待できそう

 イランTehran University of Medical SciencesのSina Naghshi氏らは、蛋白質の摂取量と死亡の関係を調べた前向きコホート研究を対象に系統的レビューとメタアナリシスを行い、蛋白質の総摂取量、動物性蛋白質や植物性蛋白質の摂取量と、総死亡率や死因別死亡率との関連を調べ、蛋白質の総摂取量と総死亡、植物性蛋白質の摂取量と総死亡および心血管死亡の間に有意な関係が見られたと報告した。詳細は、BMJ誌電子版に2020年7月22日に掲載された。

 これまでに行われた、蛋白質の総摂取量と長寿の関係を検討した研究では、一貫した結果は得られておらず、動物性蛋白質、植物性蛋白質の摂取量と余命の関係についても明らかではなかった。

 著者らは、PubMed、Scopus、ISI Web of Scienceに2019年12月までに登録された研究と、検索により同定された論文の参考文献の中から、18歳以上の成人を対象として蛋白質の摂取量を調べ、総死亡、心血管死亡、癌死亡のリスクについて、ハザード比、相対リスク、オッズ比などと95%信頼区間を報告している前向きのコホート研究を選び出した。アウトカムはICD-10コードの分類に従っており、同じ研究が複数回報告されていた場合は、最も対象者数が多い報告のみを採用した。小児を対象にした研究、慢性腎臓病がある患者、透析を受けている患者、癌が進行した患者、重度の疾患がある患者の研究は除外した。尿素窒素を蛋白摂取量のサロゲートマーカーにしていた研究も除外した。

 検索で見つかった1万8683件の文献のうち、重複を除いたフルテキストの論文は57件見つかった。このうち、条件を満たした32件の前向きコホート研究を系統的レビューの対象にし、31件をメタアナリシスの対象にした。22件が総死亡率を、17件が心血管死亡率を、14件が癌死亡率を報告していた。26件が総蛋白摂取量を、16件が動物性蛋白摂取量を、18件が植物性蛋白摂取量を報告していた。

 32件の研究が分析対象としていた患者の数は、288人から13万5335人で、年齢幅は19歳から101歳までだった。32件の参加者は合計で71万5128人、追跡期間は3.5年から32年で、追跡中に11万3039人が死亡していた。うち1万6429人が心血管疾患死亡で、2万2303人は癌死亡だった。14件が米国で行われた研究で、17件はそれ以外の国の研究、1件は18カ国の住民が参加していた。

 蛋白質摂取量の評価法は、11件が食事の内容を記録または思い出す方法で、19件は質問票を用いた食物摂取頻度調査を行っていた。31件はベースラインの蛋白質摂取量とその後の死亡との関係を分析していたが、1件は追跡期間に複数回、蛋白質摂取量を調査し、平均を求めて分析に利用していた。

 1件の研究以外は年齢を補正しており、24件はBMI、22件は喫煙習慣、14件がアルコール消費量、14件が身体活動量、25件が総エネルギー摂取量、14件が他の食品の摂取量、12件が脂肪と炭水化物の摂取量を調べて補正していた。

この記事を読んでいる人におすすめ