日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
トロポニン値は患者の予後にどう影響する?
正常上限値の70倍を超えると逆に累積死亡率の減少を観察

トロポニン値は患者の予後にどう影響する?の画像

 英国の心血管疾患センター5施設を受診し、トロポニン検査を受けていた26万人の患者を対象に、トロポニン値と総死亡率の関係を検討する後ろ向き研究を行った英国Hammersmith病院のAmit Kaura氏らは、トロポニン値が正常域上限を超えた患者は、年齢にかかわらず死亡率の増加が認められ、過剰な死亡は検査後数週間に集中的に発生していたと報告した。結果はBMJ誌電子版に2019年11月21日に掲載された。

 トロポニン値は急性心筋梗塞のバイオマーカーとして定着している。しかし、高齢者や心疾患の徴候がない患者のトロポニン値が上昇していた場合、どう対処すべきかについては見解が定まっていない。また、正常上限をわずかに超えた程度のトロポニン値の上昇は、患者の年齢によって解釈や対応を変えるべきかも明らかではない。そこで著者らは、トロポニン値の上昇が予後に及ぼす影響が、患者の年齢によって異なるかどうかを調べると共に、トロポニン値の変化の予後予測における重要性を検討するコホート研究を計画した。

 対象は、2010~17年に、英国立衛生研究所のHealth Informatics Collaborative(HIC)に参加している心血管疾患センター5施設を受診して、何らかの理由

この記事を読んでいる人におすすめ