英国Edinburgh大学のTim Palmer氏らは、1988~96年にスコットランドで生まれた女性を対象に、20歳時点の子宮頸部病変スクリーニング検査の結果を調べ、12~13歳時点でHPVワクチン定期接種を受けた1995~96年生まれの女性では、ワクチンの接種機会がなかった1988年生まれの女性に比べ、グレード3以上の子宮頸部上皮異形成が89%減少していたと報告した。結果はBMJ誌電子版に2019年4月3日に掲載された。

 スコットランドでは、2008年にHPV16型と18型を標的とする2価のHPVワクチンの定期接種が始まった。2価のワクチンは2012年まで用いられた。12~13歳の少女を対象にした定期接種で、開始当初3年間は18歳までのキャッチアッププログラムが実施された。これににより、対象者の85%超がワクチン接種を受けた。

 先に著者らは、1995年生まれのコホートでは、13歳時点のワクチン接種率が90%に達し、事実上16型と18型の感染を根絶状態にし、同じコホートでワクチンを受けていない女性でも、他の型のHPV感染が増加していないことを報告した。今回は、12~13歳時点での2価のHPVワクチンの接種が、20歳時の子宮頸部病変に及ぼす影響を明らか

HPVワクチンが20歳時の子宮頸部異形成を激減の画像

ログインして全文を読む