デンマークAarhus大学病院のMorten Schmidt氏らは、同国の全国民をカバーする医療保険データを分析して、ジクロフェナクナプロキセンイブプロフェンの使用開始から30日以内の主要心血管イベント(MACE)の発生率を比較し、さらに傾向スコアをマッチさせた

ログインして全文を読む