さまざまな医薬品やサプリメントに、大腸腫瘍を切除した人に別の腫瘍が発生するリスクを減らす2次予防効果があるのではないかと考えられている。米California大学San Diego校のParambir S Dulai氏らは、ランダム化対照試験のデータを利用して、化学予防薬候補の有効性と安全性を比較する系統的レビューとネットワークメタアナリシスを行い、有効性が最も高いのはアスピリン以外のNSAIDsだが、リスクと利益のバランスが最善なのは低用量アスピリンだったと報告した。詳細は、BMJ誌電子版に2016年12月5日に掲載された。

大腸癌の二次化学予防に低用量アスピリンの画像

ログインして全文を読む