日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
抗うつ薬服用下の自殺、開始・中断時に増加
処方開始・中止から28日間は要注意、薬剤間で有意差も、英国QResearchの解析で判明

 成人のうつ病患者でも、抗うつ薬服用による自殺リスクの上昇が起こり得ることが、英国の一般医(General Practitioner:GP)診療データベースの解析から明らかになった。自殺リスクは抗うつ薬の処方開始から28日間と、使用中止から28日間で特に上昇し、また薬剤による差も見られたという。

この記事を読んでいる人におすすめ