日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
ビタミンD低値は死亡リスク上昇に関係
心血管死亡では有意な関連を認めず、メンデルランダム化解析の結果

 遺伝的な25-ヒドロキシビタミンD (25[OH]D)低値は全死因死亡、癌死亡、その他の死因による死亡リスクの有意な上昇に関係すること、心血管死亡リスクには関連しないことが、メンデルランダム化解析の結果として示された。デンマークCopenhagen 大学病院のShoaib Afzal氏らが、BMJ誌電子版に2014年11月18日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ