日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
果物の摂取が多いほど2型糖尿病の発症リスクが低い
ただし、ジュースとしての摂取ではリスク増、前向きコホート研究の結果

ブルーベリーやブドウ、リンゴなどを多く摂取している集団の糖尿病リスクが低いこと、ただし、フルーツジュースの摂取では糖尿病リスクが上昇することが前向きコホート研究の結果として示された。米Harvard公衆衛生大学院の村木功氏らが、BMJ誌電子版に2013年8月28日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ