日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
鉄剤の静注は赤血球輸血の回避に有効
ただし感染症リスクは上昇、経口投与または投与なしとの比較の結果

 鉄剤静注の有効性と安全性を鉄剤経口投与または鉄剤投与なしと比較したシステマティックレビューとメタ解析の結果、鉄剤静注がヘモグロビン値を有意に高め、赤血球輸血のリスクを有意に減らすことが示された。ただし、あらゆる感染症のリスクは有意に上昇した。オーストラリアRoyal Pert病院のEdward Litton氏らが、BMJ誌電子版に2013年8月15日に報告した。

 急性の重大な出血に対する赤血球輸血は患者の生命を救う可能性を持つが、重症有害事象の発生が懸念される。また高コストで、血液供給が不足していれば実施は難しい。そのため、輸血を減らすことができる有効で安全な対策が求められている。

 鉄欠乏性貧血に対する経口鉄剤投与は、消化管での吸収に限界がある上に、急性または慢性疾患がある患者には十分な効果が期待できない。経口投与ができない患者や、鉄剤の経口投与が有効ではない患者に対する鉄剤静注が、鉄欠乏性貧血の治療において有効であることを示唆したデータはあるが、様々な診療科で見られる急性出血の患者に、輸血を減らす目的で鉄剤静注を行った場合の有効性と安全性に関する情報はほとんどなかった。また、以前使用されていた静注用鉄剤についてはアナフィラキシーとの関係が懸念されていたが、より新しい製剤ではこのリスクは小さくなっている。

 著者らは、鉄剤静注の有効性と安全性を、ヘモグロビン値、輸血の必要性、感染リスクへの影響に焦点を絞って評価するために、システマティックレビューとメタ解析を実施した。

 Medline、Embase、コクランセントラルに1966年から2013年6月までに登録されたRCTの中から、鉄剤静注と鉄剤投与なしまたは鉄剤の経口投与を比較していた試験を選出した。クロスオーバー研究と観察研究は除外した。

 主要転帰評価指標は、ヘモグロビン濃度の変化と赤血球輸血のリスクとし、安全性の指標として感染症リスクも評価した。

 条件を満たした75件の試験(1万879人を登録)をシステマティックレビューの対象とした。それらのうち72件(1万605人を登録)が、メタ解析に利用できる定量的なデータを提供していた。

 75件の試験は、様々な診療科の患者を対象に行われていた。用いられた静注用鉄剤は、鉄スクロース(42件の試験が使用)、グルコン酸鉄(10件が使用)、カルボキシマルトース鉄(10件)、デキストラン鉄(7件)などだった。18件の研究はバイアスリスクが低かったが、57件は高かった。

この記事を読んでいる人におすすめ