日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
BMIの上昇が尿酸値上昇を引き起こす
尿酸値と虚血性心疾患の間には因果関係なし、メンデルランダム化解析の結果

 尿酸値虚血性心疾患の間には有意な関係が見られないこと、尿酸値とBMIの間には一方向性の因果関係が見られることが、英Warwick大学のTom M Palmer氏らの研究で明らかになった。詳細は、BMJ誌電子版に2013年7月18日に報告された。

 尿酸は強力な抗酸化物質であるため、心血管疾患や癌のリスクを低下させると考えられていたが、過去の研究では尿酸高値が虚血性心疾患と高血圧のリスク上昇や、心血管リスクプロファイルの悪化に関係することが示されていた。こうした悪影響は、前向き研究のメタ解析でも確認され、尿酸値は心血管系と血圧の独立した危険因子であると見なされるようになった。しかし、これらの因果関係は明らかではなかった。

 著者らは、メンデルランダム化解析により、因果関係の解明を試みた。メンデルランダム化解析は、分析対象とする危険因子に強力に関係している遺伝子型を操作変数とすることで、評価されていない交絡因子や、危険因子と臨床転帰の間の因果関係などについても検討できる。

 今回、著者らは、SLC2A9遺伝子(solute carrier family 2をコードする遺伝子で、この遺伝子の変異と血中の尿酸値、高尿酸血症、尿酸排泄、痛風の間に強い相関が認められている)の多型rs7442295を尿酸の操作変数とし、BMIと強い相関を示すFTO(fat mass and obesity-associated)遺伝子の多型rs9939609、MC4R(メラノコルチン4)遺伝子の多型rs17782313、TMEM18(膜貫通蛋白質18)遺伝子の多型rs6548238をBMIの操作変数として、メンデルランダム化解析を行った。

 分析対象としたのは、デンマークで成人を対象に行われた2件の大規模な前向きコホート研究に参加した人々だ。Copenhagen General Population Study(CGPS)に登録された5万8072人と、Copenhagen City Heart Study(CCHS)に登録された1万602人のうち、それぞれ4890人(8%)と2282人(22%)が虚血性心疾患を経験していた。

 尿酸値の平均はCGPS群が0.30mmol/L(SDは0.09mmol/L)、CCHS群が0.31mmol/L(SDは0.09mmol/L)で、高尿酸血症(0.4mmol/L超)はCGPS群が6929人(12%)、CCHS群は1569人(16%)だった。

 血漿尿酸値、高尿酸血症と虚血性心疾患、収縮期血圧、拡張期血圧の間には、これまでに報告されている関係が存在することが確認された。

 尿酸値1SD上昇当たりの虚血性心疾患のハザード比は、CGPS群が1.55(95%信頼区間1.51-1.59)、CCHS群は1.34(1.28-1.39)だった。プール解析した結果は1.49(1.46-1.52)で、年齢、性別、喫煙歴、学歴、所得で調整しても1.21(1.18-1.24)と有意な値になった。高尿酸血症と虚血性心疾患の関係も同様で、プール解析したハザード比は2.21(2.08-2.33)、調整ハザード比は1.41(1.32-1.51)になった。

 血圧との関係も有意で、プール解析の結果は、尿酸値が1SD上昇当たり拡張期血圧は2.42mmHg(2.32-2.51)上昇、調整後は1.56mmHg(1.45-1.67)上昇した。高尿酸血症あり群では拡張期血圧は4.61mmHg(4.31-4.90)高く、調整後は2.66mmHg(2.36-2.96)高かった。収縮期血圧についても同様のパターンが認められた。

この記事を読んでいる人におすすめ