日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
COPD急性増悪または市中肺炎でクラリスロマイシン投与を受けた患者は心血管イベントリスクが上昇
7日以上の使用でリスク上昇は有意に

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪または市中肺炎で入院し、クラリスロマイシンの処方を受けた患者は、1年以内の心血管イベント発生リスクが有意に高いことが明らかになった。英Ninewells病院のStuart Schembri氏らが、BMJ誌電子版に2013年3月21日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ