日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
禁煙法の施行後、早産リスクが有意に減少
2007~11年で分娩1000件当たり6件減少、ベルギーでの研究結果

 2006年から3段階に分けて禁煙法が施行されたベルギーで、早産リスクが有意に減少したことが、ベルギーHasselt大学のBianca Cox氏らの研究で分かった。詳細は、BMJ誌電子版に2013年2月14日に報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ