日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
親が高齢で癌に罹患した場合も、子に家族性の癌リスク
スウェーデンの前向きコホート研究の結果

 親が高齢になってからと診断された場合でも、その子どもが親と同じ癌になるリスクは、家族歴のない人々より高いことが、スウェーデン国民のデータ分析で明らかになった。論文は、ドイツ癌研究センターのElhamalsadat Kharazmi氏らが、BMJ誌電子版に2012年12月20日に報告した。

 若年期に発症する癌の多くに遺伝的要素が関係すると考えられている。一方で、高齢になってからの癌発症と遺伝的な素因の関係は明らかではなかった。

 著者らは、親の世代が高齢(特に80歳以上)になってから発症した場合にも家族性の癌のリスクが認められるかどうかを知るために、国家規模の前向きコホート研究を実施した。

 Nationwide Swedish Family-Cancer Databaseの2010年の最新データを利用し、1932年以降に生まれた全てのスウェーデン人とその両親を対象として、1961~2008年に癌と診断されていた患者を抽出。親と子が同じ癌に罹患し、親の世代の診断時点の年齢が80歳以上だったケースが50例以上あったタイプの癌を調査対象に選び、年齢にかかわらず親子で同じ癌に罹患した患者の全情報を抽出した。

 選択したのは、大腸癌(子の代の罹患は2万4121人)、肺癌(1万6545人)、乳癌(5万8505人)、前立腺癌(3万6878人)、膀胱癌(9662人)、メラノーマ(2万804人)、皮膚扁平上皮癌(6998人)、非ホジキンリンパ腫(9687人)だ。

 子の代の追跡は、誕生日、転入日、もしくは1961年1月1日から開始し、原発癌の初回診断、死亡、転出、08年12月31日までのいずれか早いポイントまで実施した。追跡期間の平均は30年だった。子の代の出生年は1932~2008年で、親の代の出生年は1867年から1993年だった。

 主要転帰評価指標は家族性の癌のリスクとし、Cox比例ハザード分析を行って、子の代の癌の罹患リスクを、親の代が同じ癌(同じタイプの癌である必要はあるが、組織学的に同じである必要はない)に罹患していた場合と、そうでない場合の間で比較した。年齢、性別、追跡期間、社会経済的状況、居住地域、子の追跡開始時点と終了時点の親の年齢、慢性閉塞性肺疾患(喫煙の代替)、飲酒などで調整した。

 親と子が同じ癌に罹患していた家庭のうち、診断時の親の年齢が70歳以上だった子どもの割合は、大腸癌が59%、肺癌が56%、乳癌が41%、前立腺癌は75%、膀胱癌が62%、皮膚扁平上皮癌が81%、メラノーマが35%、非ホジキンリンパ腫が54%だった。

 親の代がそのタイプの癌に罹患していなかった子に比べ、親も同じ癌と診断されていた子の癌リスクは、どの種類の癌においても有意に高かった。診断時の年齢を問わず、親が癌と診断されていた子の同じ癌罹患のハザード比は、大腸癌が1.9(1.8-2.0)、肺癌は2.1(1.9-2.2)、乳癌は2.0(1.9-2.1)、前立腺癌は2.3(22-2.4)、膀胱癌が2.0(1.8-2.2)、メラノーマが2.9(2.7-3.2)、皮膚扁平上皮癌は2.2(2.0-2.5)、非ホジキンリンパ腫は1.8(1.5-2.0)だった。

 子が同じ癌に罹患するリスクが最も高かったのは、親が若年で癌と診断された場合だった。例えば大腸癌の場合、親が40歳未満で診断されていた子の大腸癌罹患のハザード比は8.3(5.7-12.1)。同様に、乳癌は4.7(3.9-5.7)、メラノーマは5.4(4.1-7.2)だった。

 しかし、親の診断が80~89歳でも、子の代の同じ癌のリスクは有意に高かった。例えば、大腸癌では1.6(1.4-1.7)、肺癌は1.8(1.6-2.1)、乳癌は1.6(1.5-1.7)、前立腺癌は1.9(1.8-2.0)、膀胱癌は1.9(1.5-2.3)、メラノーマは2.3(1.9-2.8)、皮膚扁平上皮癌は2.0(1.7-2.4)、非ホジキンリンパ腫は1.7(1.3-2.3)だった。

この記事を読んでいる人におすすめ