日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
非アルコール性脂肪肝は死亡リスク上昇をもたらさない
一般米国人1万人以上を14年追跡

 非アルコール性脂肪肝(NAFLD)は、肝酵素値上昇の有無にかかわらず、全死因死亡、心血管死亡、癌死亡、肝疾患死亡リスクのいずれも上昇をもたらさないことが、米Johns Hopkins大学のMariana Lazo氏らが行った前向きコホート研究で明らかになった。論文は、BMJ誌電子版に2011年11月18日に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ