日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
発熱で救急受診の小児の診断に有用なのはCRPとプロカルシトニン

 小児の重症感染症は急速に進行する危険性があるため、迅速かつ正確な診断が欠かせない。そのために役立つのは、白血球数や炎症マーカーなどの臨床検査値の中のどれなのか。この疑問に基づき系統的レビューとメタ分析を行った英Oxford大学のAnn Van den Bruel氏らは、発熱により救急部門を受診した小児の重症感染症の診断には、白血球数よりもCRPとプロカルシトニン(PCT)の値が有用であることを明らかにした。論文は、BMJ誌2011年6月11日号に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ