日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
タモキシフェンとパロキセチンの併用で死亡リスクが上昇
CYP2D6阻害作用が原因か

 タモキシフェンの投与を受けている乳癌患者に選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を投与する場合、パロキセチン以外の薬剤を選択した方がよさそうだ。カナダSunnybrook Health Sciences CentreのCatherine M Kelly氏らは、集団ベースのコホート研究を行い、タモキシフェンとパロキセチンを併用すると、患者の乳癌死亡リスクと全死因死亡リスクが有意に上昇することを明らかにした。論文は、BMJ誌電子版に2010年2月8日に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ