日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
術前の負荷試験は心合併症による術後死亡率を減らす
カナダで行われた後ろ向きコホート研究の結果

 心合併症リスクが中~高度で、待機的手術を受ける患者に術前の負荷試験を行うと、1年死亡率が低減し、入院期間が短縮する可能性が後ろ向きコホート研究で示唆された。詳細は、カナダ臨床評価学研究所のDuminda N Wijeysundera氏らがBMJ誌2010年1月30日号に報告した。

 1年間に全世界で90万人の成人が、手術後に死亡リスク上昇または入院期間延長をもたらすような心合併症を経験する。術前に非侵襲的な負荷試験を行えば、虚血性心疾患のある患者などを同定して、術前の介入、術中の積極的な血行力学的管理、術後の慎重な観察や介入を行う、または手術を回避するといった判断が可能になり、心合併症予防に役立つのではないかと考えられる。だが、術前の負荷試験の心合併症に対する利益を明確に示した研究はこれまでなかった。

 そこで著者らは、心合併症が発生するリスクが中等度から高度で、非心臓手術を受ける患者に負荷試験を行った場合の生存と入院への影響を調べるために、集団ベースの後ろ向きコホート研究を実施した。

 オンタリオ州の各種医療データベースに登録された情報の中から、州内の急性期病院で、1994年4月1日から2004年3月31日までの間に待機的な腹部大動脈瘤修復術、頸動脈内膜剥離術、末梢血管パイパス術、人工股関節置換術、人工膝関節置換術、大腸の手術、肝臓切除術、Whipple式膵十二指腸切除術、肺切除術、肺葉切除術、胃切除術、食道切除術、腎臓摘出術、膀胱切除術を受けた40歳以上の患者を選出した。これらの手術を選出条件にしたのは、いずれも男女両方に行われ、心合併症リスクが中等度から高度と考えられたためだ。

 これら患者について、手術前6カ月以内に外来で負荷試験(トレッドミル運動負荷試験、核医学を用いた心筋灌流イメージング、負荷心エコー検査の3つ)が行われていたかどうかを調べた。

 主要アウトカム評価指標は、1年後の死亡率と入院期間に設定。

 27万1082人のうち、2万3991人(8.9%)が負荷試験を受けていた。複数回検査を受けていた患者もいるため、実施回数は計2万5877回となった。検査から手術までの日数の中央値は48日だった。検査は30%が心臓専門医の、28%が内科医の、14%が外科医のオーダーによるものだった。

 検査を受けた患者のうち、914人(3.8%)は冠動脈造影を、149人(0.6%)はPCIを、134人(0.6%)はCABGを非心臓手術前に受けていた。

 傾向スコア法を用いて、負荷試験を受けた患者と受けていない患者の差を調整し、負荷試験群の患者と、マッチする負荷試験なし群の患者、それぞれ2万3060人ずつを選び比較した。

この記事を読んでいる人におすすめ