日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
S状結腸鏡によるスクリーニングは大腸癌を減らさない
ノルウェーの大規模無作為化試験NORCCAPの中間結果

 S状結腸鏡を用いたスクリーニングが大腸癌の罹病率と死亡率を低下させる可能性が示されているが、明確な利益を示した質の高い無作為化試験はなかった。ノルウェー癌登録・大腸癌予防センターに所属するGeir Hoff氏らは、進行中の大規模無作為化試験NORCCAPトライアル1の中間解析を行い、1回のスクリーニング実施はその後7年間の大腸癌罹患率と大腸癌死亡率に有意な影響を及ぼさないことを示唆した。詳細は、BMJ誌2009年6月6日号に報告された。

 NORCCAPトライアル1は、軟性S状結腸鏡を用いたスクリーニングを1回行い、その後の大腸癌リスクと大腸癌死亡リスクを、検査を受けなかった人々と比較する無作為化試験で、ノルウェーのOslo(都市部)とTelemark(都市部と田園地帯が入り交じる地域)で行われている。

 55~64歳の男女5万5736人(平均年齢59歳、女性が50%)を登録。これらの人々のうち、1万3823人を軟性S状結腸鏡を用いたスクリーニングに1回だけ招待する群(6908人には便潜血検査も勧めた)、4万1913人をスクリーニングなし群に無作為に割り付けた。

 両都市の2カ所の医療機関で、1999年1月から2000年12月に集団ベースのスクリーニングを実施。スクリーニングにおける陽性判定は、直径10mm以上のポリープ、組織学的に腺腫と判定された腫瘍(大きさは問わない)、または癌腫が見付かった場合、もしくは便潜血陽性とし、陽性者には全大腸内視鏡検査を行って標本を採取した。癌と診断された患者は治療を受け、それ以外の人々と同様に地域の医療機関で追跡された。

 ノルウェーには、疫学研究用として、癌罹患と全死因死亡にかかわる情報を生涯にわたって登録するデータベースが存在する。対照群については、該当者に接触することなしに、データベースに登録された情報に基づいて追跡期間中の大腸癌罹患と大腸癌死亡の有無を判断した。

 主要アウトカム評価指標は、5年後、10年後、15年後の大腸癌の累積罹患率と死亡率に設定されているが、今回は初めての中間評価として、中央値7年の追跡における累積罹患率と6年の時点の死亡のハザード比を調べた。分析はintention-to-screening(割り付け群に基づく分析)で行った。

 割り付けから試験開始(スクリーニング群の場合には、検査日を決めた日を試験開始とした)までの間に、大腸癌との診断を受けた、または死亡した人々(スクリーニング群149人、対照群604人)は分析から除いた。

この記事を読んでいる人におすすめ