日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
片頭痛のある妊婦は脳卒中リスクが16倍
虚血性脳卒中に限るとリスクは31倍

 妊娠可能な年齢の女性の10人に1~3人に片頭痛が見られる。しかし、妊婦における片頭痛有病率を調べた研究はほとんどない。そこで、米国Wake Forest大学のCheryl D Bushnell氏らは、全米の入院患者を登録した大規模データベースから妊婦を選び、片頭痛の有病率と併発疾患について調べた。その結果、片頭痛のある妊婦が脳卒中を併発する可能性は、片頭痛のない妊婦に比べ15.8倍、特に虚血性脳卒中は30.7倍にもなることを明らかにした。詳細は、BMJ誌電子版に2009年3月10日に報告された。

 周産期の片頭痛が子癇前症と関係しているという報告は既にあった。著者らは先に、片頭痛があると脳卒中と急性心筋梗塞のリスクが上昇することを示唆する結果を得ていた。そこで今回は、周産期の片頭痛の有病率を調べ、片頭痛と関連する疾患や合併症について分析する集団ベースのケースコントロール研究を行うことにした。

 米厚生省傘下のAgency for Healthcare Research and QualityのHealthcare Cost and Utilization Projectのデータベース(全米の約1000病院の入院患者500万~800万人の情報を登録している)の2000~03年のデータの中から、周産期に入院していた1834万5538人の妊婦に関する情報を得た。

 それらの中から、ICD-9コードに基づいて片頭痛と診断されていた患者を選出。緊張性頭痛の患者は除いた。片頭痛患者に、脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、虚血性イベント、脳静脈血栓症、妊娠関連脳血管イベント)、その他の血管疾患(心筋梗塞、心疾患、肺塞栓、深部静脈血栓症、血栓形成傾向)や、高血圧、糖尿病、妊娠高血圧と子癇前症、妊娠性糖尿病、心筋症、肺高血圧、貧血、肺炎、産後感染、産後出血、子宮内胎児死亡などの診断があったかどうか調べた。

 主要アウトカム評価指標は、片頭痛の診断と、脳卒中その他の血管疾患の診断に設定。

 入院中の片頭痛診断は3万3956件(入院10万件当たり185件)あった。

 経膣分娩のための入院に比べ、帝王切開のための入院、流産または中絶のための入院、流産または中絶以外の理由による分娩前の入院、出産後の入院は、すべて片頭痛の診断を受ける頻度が高かった(p<0.001)。なかでも、中絶または流産以外の理由による分娩前の入院における片頭痛診断は、10万件当たり1049件で、経膣分娩のための入院と比較したオッズ比は9.0(95%信頼区間8.2-9.9)と高かった。

 片頭痛と診断されるリスクは、年齢上昇とともに上昇していた。20歳未満の妊婦に比べ、40歳以上の妊婦のオッズ比は2.4(2.0-2.9)だった。

 人種別に比較すると、アフリカ系、ヒスパニック系やその他の人種に比べ、白人において片頭痛リスクが有意に高かった。

この記事を読んでいる人におすすめ