日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
ペイ・フォー・パフォーマンスで血圧管理の“格差”が消失
英国での導入後3年で貧困地域のプライマリケアの質が向上

 心血管イベントの予防において血圧の管理は極めて重要だ。しかし、社会的貧困度が高い地域では、目標とする血圧値を達成できる患者の割合は低い。ところが、2004年にペイ・フォー・パフォーマンス(pay for performance:P4P)システムを導入した英国では、2007年までの3年で、貧困度が最も高い地域と最も裕福な地域の間の血圧管理レベルの差がほぼ消失したという。英London大学King's CollegeのMark Ashworth氏らが、P4Pデータの分析に基づく結果をBMJ誌電子版に2008年10月28日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ