日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー・腎癌
進行性腎細胞癌の集学的治療のエビデンスと実際【癌治療学会2014】
山形大学医学部腎泌尿器外科学講座教授 冨田善彦氏、近畿大学医学部泌尿器科学教室教授 植村天受氏

2014/10/03
進行性腎細胞癌の集学的治療のエビデンスと実際【癌治療学会2014】の画像

 転移を有する腎細胞癌(mRCC)の治療では分子標的薬の導入が進み、日本では6剤が使用可能となった。治療選択肢が広がった現在、より効果が高く、より安全な集学的治療のアプローチを確立するため、エビデンスの集積が進められている。

この記事を読んでいる人におすすめ