日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性多発性骨髄腫に対しpomalidomideと低用量デキサメタゾン併用療法の安全性と有効性を大規模試験で確認【ASH2014】

2014/12/11
八倉巻尚子=医学ライター

 再発・難治性多発性骨髄腫に対して、pomalidomideと低用量デキサメタゾン併用療法は、安全性に優れ、レナリドミドやボルテゾミブ不応例においても有効であることが、大規模単群フェーズ3b試験STRATUS(MM-010)で明らかになった。ギリシアUniversity of Athens School of MedicineのMeletios A. Dimopoulos氏らが、12月6日から9日までサンフランシスコで開催された米国血液学会(ASH2014)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ