日経メディカルのロゴ画像

遺伝子変異や家族歴のあるTNBCにおいて術前化学療法へのカルボプラチン追加は有効【ASCO2014】

 トリプルネガティブ乳癌(NBC)のうち、BRCAなどの遺伝子変異や乳癌卵巣癌の家族歴がある患者は、術前化学療法へのカルボプラチン上乗せ効果の恩恵を受けやすい――。5月30日から6月3日まで米国シカゴで開催された第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)でドイツフランクフルト大学のGunter Von Minckwitz氏は、GeparSixto試験の副次評価項目の解析結果を発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ