日経メディカルのロゴ画像

easd2014

高強度インターバルトレーニングは有酸素運動よりもインスリン感受性を改善

2014/09/17
欧州糖尿病学会取材班
高強度インターバルトレーニングは有酸素運動よりもインスリン感受性を改善の画像

 高強度インターバルトレーニングは、体重やBMI、体力、代謝、インスリン感受性を有酸素運動以上に改善することが示された。ベルギーUniversity Hospital GhentのMarlies Bekaert氏が、第50回欧州糖尿病学会(EASD2014、9月16~19日、ウィーン開催)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ