日経メディカルのロゴ画像

 2022年2月に発売された「スマートインスリンペン」(商品名ノボペン6、ノボペンエコープラス)(関連記事:スマホと連携できるインスリンペンが登場)。前回投与からの経過時間と投与単位数が本体に表示されるほか、投与履歴をスマートフォンに無線転送することで、複数の糖尿病管理アプリと連携できる。今年4月の診療報酬改定で適応が拡大したFreeStyleリブレのスマートフォンアプリ(FreeStyleリブレLink)とも連携が可能で(関連記事:FreeStyleリブレ、適応拡大で爆発的に普及か)、糖尿病デバイス治療の進化は一段と加速したように見える。だが、スマートインスリンペンはあるジレンマを抱えているようだ──。

この記事を読んでいる人におすすめ