日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

海外で癌治療を受けた芸能人の死で思うこと
今後、日本でドラッグラグは拡大するのか

 今年2月に前立腺癌で亡くなった元祖御三家のひとりがオーストラリアに渡航して受けていた日本未承認の“最先端治療”、転移に対する177Lu-PSMA-617による「PSMA治療」については、今年3月に掲載した前立腺癌治療の最新動向を概説したインタビュー記事(ホルモン感受性、去勢抵抗性も前立腺癌は新潮流の2-3剤併用療法に)の中で、横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器・腎移植科診療教授の上村博司氏が次のように話している(記事の最後)。

この記事を読んでいる人におすすめ