日経メディカルのロゴ画像

 2022年4月19日、日本で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する4番目のワクチンとして、厚生労働省は遺伝子組換え蛋白質ワクチンの「ヌバキソビッド筋注」を承認した。米Novavax社の技術を利用し、武田薬品工業が山口県の光工場で生産するワクチンで、初回免疫(1回目、2回目)と追加免疫(3回目)の使用が認められた。2度から8度の冷蔵保存が可能なワクチンで、5月下旬から流通を開始する予定。国内の3回目のワクチン接種率はまだ50%程度だが、今後の接種率拡大に寄与しそうだ。

 COVID-19への対抗策として、国産ワクチンの開発が期待されたが、その取り組みは遅れに遅れた。国内で製造されたCOVID-19向けワクチンとしては、JCRファーマが原液の製造を受託し、第一三共と第一三共バイオテック、Meiji SeikaファルマとKMバイオロジクス、ニプロなどが製剤化を担当した英AstraZeneca社のワクチンの例もある。ただし、日本企業が主体となって国内製造、供給を行うという点ではヌバキソビッドが初めてのケースだ。

 塩野義製薬やKMバイオロジクス、第一三共などによるワクチン開発も終盤に差し掛かっており、これから国産ワクチンが幾つか登場してくるだろう。ただ、米Pfizer社とドイツBioNTech社のワクチン「コミナティ」が日本で承認されたのが2021年2月、米Moderna社の「スパイクバックス」とAstraZeneca社の「バキスゼブリア」が承認されたのが2021年5月だったことを考えると、国産ワクチンは1年以上の後れを取った。このことからも日本のワクチンの研究開発力の乏しさは明らかだ。ヌバキソビッドも国産とはいえ、技術はNovavax社のものだ。

この記事を読んでいる人におすすめ