日経メディカルのロゴ画像

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する経口薬の実用化が近づいている。経口薬は、薬剤の価格が比較的安く、投与に人手や時間がかからず、大量製造しやすいことから、新型コロナ対策の切り札の一つとして期待されている。英国では、2021年11月、日米欧の主要国で初めて、米Merck社(日本ではMSD)の経口薬が承認された。米国でも、Merck社や米Pfizer社が、経口薬の緊急使用許可(EUA)に向けて動いている。国内でも、政府が2021年内の実用化を模索している。

 世界では現在、COVID-19関連で約200品目の低分子薬(点滴薬なども含む)が臨床試験中の段階だ。そのうち、現在までに、グローバルでの臨床試験で一定のエビデンスが確認された経口薬は、Merck社が米Ridgeback Biotherapeutics社と開発している「Lagevrio」(モルヌピラビル/molnupiravir)、Pfizer社が創製・開発している「Paxlovid」(PF-07321332・リトナビル)の2品目に限られる。いずれも、重症化リスクを有する軽症から中等症のCOVID-19の患者を対象に実施された臨床試験で、あらかじめ予定されていた中間解析が行われ、一定の有効性と安全性が示された。

この記事を読んでいる人におすすめ