日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

日本人らしさが生かせる「再生医療」と「培養肉」の共通点
再生医療研究者が続々と培養肉開発に参戦、組織化が共通項

 動物細胞を培養して作る「培養肉」の開発競争が、世界で激化している。国内外で多数の大学やスタートアップがしのぎを削り、一部外国では商用化もかなった。一見すると食品生産の分野だが、培養肉の研究者は再生医療の研究者でもあることが多い。特に日本では、細胞工学に基づく再生医療製品の開発と通ずるように、培養肉でも「本物の肉らしさ」が追求されている。

 培養肉作りでは、筋肉や内臓の細胞を培養し、in vitroで可食部を生産する。従来の畜産製品では骨や皮などの非可食部が必ず出るのに対し、食べる部分だけを直接製造できる点で、生産が高効率で持続可能性が高いとされる。フォアグラやフカヒレなど、生体の一部のみを食用とする製品の生産では特に利点が大きそうだ。また、従来の畜産製品では、ウシのゲップに温室効果ガスのメタンが多量に含まれることや、作れる可食部の量に対して飼料・水の消費量が多いことが課題と見られつつある。その点でも、培養肉製造はより環境への負荷が低いとされ、新たな食用蛋白質源として開発が進んでいる。

 現在、世界には数十社の培養肉開発企業があり、大学も加えると相当数の研究者が培養肉を扱っている。その中で、国内の業界関係者を取材するとよく聞かれるのが、「『本物の肉』を作る点で、競合と差別化したい」という声だ。

この記事を読んでいる人におすすめ