日経メディカルのロゴ画像

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で全世界が体験していることの一つに、「感染症とは、病原体の要因だけではなく、宿主側の要因で重症化したりしなかったり、その病態そのものが大きく変わり得る」という感染症学の基本があるのではないかと思っている。

 ここで改めて書くまでもないが、COVID-19による死亡リスクは年齢で大きな差がある。若年者にとっては“ただのかぜ”が、高齢者にとっては死亡リスクの高い恐ろしい感染症となるのだ。世代間でCOVID-19への認識が異なることは、感染対策のための様々な政策や、ワクチン接種を一律に進めることを難しくしている。結果、世代間の断裂さえ生みかねない状況にある。とはいえ、病原体自体も日々刻々と変化しており、今は重症化の低リスク群に属している宿主に対して牙をむくこともあるだろう。そのためにも誰もが感染対策をおろそかにはできない。

 宿主側の要因が重症化リスクに大きく関与する感染症は他に幾つもある。例えば、髄膜炎菌感染症。発症すれば生死に関わる、命をとりとめても後遺症が残る可能性もある恐ろしい感染症だが(関連記事:重症例は2日で死亡、四肢切断の後遺症も)、その重症化には、宿主側の遺伝子多型が大きく影響していることが明らかになっている。感染者数が極端に少ない日本では、髄膜炎菌ワクチンの定期接種化は難しい。それであれば、罹患者の血縁者を中心に、この遺伝子多型の検査体制を整え、重症化リスクのある多型を持つ場合にワクチン接種を進めることを検討してもいいのではないかと個人的には考えている。

この記事を読んでいる人におすすめ