日経メディカルのロゴ画像

記者の眼

ゲノム編集で育種した健康トマトがこの春に登場
SDGsやカーボンゼロに向けて不可欠の技術革新

 3月11日で東日本大震災から10年が経過しましたが、コロナ禍は続いています。医療関係者への新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりました。米Pfizer社のワクチンを、1瓶当たり7回接種できる注射器の日本国内生産が3月中にも始まるようですね。首都圏の1都3県の緊急事態宣言は、2週間延長になりました。医療環境などの逼迫度が緩和されるようにと祈っております。

 2019年末から始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は世界中で脅威となっていますが、厚生労働省が2月22日に発表した人口動態統計(速報)によると、日本の2020年の死亡者数は138万4544人で、2019年に比べ9000人ほど減ったとのことです。死亡者数の減少は11年ぶりとのこと。COVID-19による死亡者数は年3500人ほどになってしまいましたが、感染対策の徹底によってCOVID-19以外の感染症による死亡者が大きく減少しました。

 米国では、2月22日時点でCOVID-19による死者数が50万人を超えたとのこと。第1次世界大戦と第2次世界大戦、それにベトナム戦争で亡くなった米国の戦死者の総数を超えるようですね。米疾病対策センター(CDC)によると、米国人の平均寿命は2020年前半に丸1年、短縮されて77.8歳になり、COVID-19のパンデミックの影響が大きかったようです。

 人口当たりの死亡者数は、英国が米国に比べ2割ほど多いようです。国によって基準が違うのですが単純比較すると、日本は英米の数十分の1ですね。日本人の国民性やライフスタイルがウイルス対策に好ましい点があるようですが、ひとえに医療や介護の方々のおかげと思います。隣国の韓国は、2020年に初めて人口減になったとのこと。出生数の減少幅が大きかったことは日本と同じく大問題ではないか、と思います。

 高校同窓のLINEでも、医師がコロナ対策の防御服を着た写真を見ました。十数年ほど前から同窓会の多くがゴルフコンペになりましたが、年2回開かれていたこのコンペは、昨年来開かれていません。現場で奮闘している医師の様子がLINEでも伝わってきます。

 大学の同窓会(工学部で同窓生に医師はいません)は、たまたま2020年の幹事を務めていて、新設された国立競技場近くの店を6月に予約していたのですが延期になってしまいました。今年いつ開催できそうか、幹事の仲間で検討しています。首都圏の飲食店の方々は、緊急事態宣言の延長で大変な状況が続いていますね。

この記事を読んでいる人におすすめ