日経メディカルのロゴ画像

 最近、サプリメントのことを調べていると、妙なものを見つけました。「食べるカプセル」といううたい文句のサプリメント用カプセルです。かまずに飲み込むことを前提にしているはずのカプセルを「食べる」とは、どういうことでしょうか。

 そのカプセルは「X-ジェル」という製品で、サプリメントの製造受託大手として知られる三生医薬が開発しました。同社では腸で溶けるカプセル、超薄型カプセル、口腔内崩壊錠(OD錠)など医薬品も顔負けするほど多様なサプリメント向けの剤形を開発しています。その中でも気になったX-ジェルは、グミのような食感の歯ごたえがある素材でできていて、味もついています。中にはサプリメントの素材を内包させられるので、確かにカプセルではあります。

 X-ジェルはどんな目的で使うのか。同社に問い合わせると、「かんでいただくのが目的です。『オーラルフレイル素材』のものを入れて咀嚼することで、唾液の分泌を促すことを狙うサプリメントに使うのがお勧めです」とのことでした。

 オーラルフレイルとはオーラルとフレイリティから生まれた造語で、由来の通り口の機能の衰えといった意味を持ちます。口の機能が低下すると体全体の衰えにつながるということで、日本歯科医師会が積極的にこの用語を使うようになり、広まりつつあります。そして、それを防ぐ食品素材を業界ではオーラルフレイル素材と呼んでいます。

 よく咀嚼すれば顎の筋肉が強化されますし、唾液の分泌が促されれば口腔粘膜の免疫力が高まります。殺菌作用や粘膜保護作用のあるサプリメント素材をX-ジェルに包んで摂取すればさらに効果が高まるだろう、ということで注目されている剤形なのだそうです。じゃあグミキャンディーでいいじゃないかと思いましたが、同社によればグミに練り込みにくい素材があるそうで、そういう場合に需要があるわけですね。

この記事を読んでいる人におすすめ